みんなで大家さんなら失敗するリスクが少ないから安心

硬貨と人形

急速に広がっています

男性

一定の審査が必要です

ここ数年で家賃債務保証が急速に広がってきています。もともと、家賃債務保証は入居希望者が賃貸借契約を結ぶ際に親族などを連帯保証人がつけられない場合に、保証会社が親族などに代わって連帯保証人になるというものでした。しかし、最近では親族などによる連帯保証と保証会社による家賃債務保証を併用する賃貸借契約も増えています。家賃債務保証の保証料は初回に月額家賃の50%、以降、1年ごとに1万円ずつというケースが一般的です。申し込みは保証会社に直接行うのではなく、保証会社が提携をしている賃貸仲介会社を通じて行います。申し込みをすれば家賃債務保証が付けられるわけではありません。保証会社による一定の審査があり、この審査を通過することで初めて保証会社が連帯保証人となってくれるのです。なお、審査については1日から数日で結論が出ます。また、保証の範囲は滞納家賃、滞納に起因して発生する原状回復費用や残置物撤去費用、訴訟費用等となっています。賃貸人であるオーナーにとって、家賃債務保証は滞納リスクを軽減できるサービスと言えます。そのため、入居者を募集する際に家賃債務保証を付けることが必須としているオーナーもいますし、さらには、賃借人が申し込みをする保証会社を指定しているオーナーもいます。高齢化社会が進行し、入居者希望者の高齢化が進んでいたり、人間関係の希薄化が拡大していたりする現代において家賃債務保証は賃貸契約において重要な存在となっています。